最近聴いた洋楽の感想|漫画アンテナ

最近聴いた洋楽の感想に関する記事です。

 
2013/12/02(月)

グリーン・デイ (Green Day)

グリーン・デイは、カリフォルニア州バークレーのポップ・パンク(メロディック・パンク)バンドです。 1987年、ワーナーミュージックからデビューして、メロディックなパンク人気を主導しました。現在でも、ポップパンクの大御所的存在となっています。また、UKバンドのオアシスとの確執が話題になったりもしました。
感想:パンクらしく、分かりやすい、とっつきやすい音楽が魅力といえます。曲によっては、大変シンプルなので、カバーやコピーの入門としても人気のようです。

ザ・スミス (The Smiths)

ザ・スミス (The Smiths)は、イギリスのオルタナティブロック、ネオアコ系バンドです。 1982年ワーナー・ブラザーズからデビュー。1987年に解散。 REMと比較されます。R.E.Mとともに、80年代のUKロックを支えた有名バンドです。当時のダンス系とは一線を画しており、今風の言葉でいうとリア充でない人にも支持されました。
感想:UKロックの幅を広げたバンドといわれます。R.E.Mもオススメ。

キング・クリムゾン (King Crimson)

イングランドのプログレッシヴ・ロックバンド。1969年デビュー以来、現在も活動中とのこと。 一般的にピンク・フロイドなどのプログレッシヴ・ロックにカテゴライズされていますが、プログレ以外にも様々な要素を取り込んでいます。
感想:今聴いても新しさを感じます。

更新情報

  • 2011/2/19

ブログのメニュー 「おすすめアンテナ」

この記事へのトラックバック

ザ・スミスはいいですね。REMもジャムもいい。

2011.05.20 13:24 URL | #- [ 編集 ]

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

リンク集
Page Top ↑
漫画アンテナのTOPへ戻ります。
このページは最近聴いた洋楽の感想に関する記事です。
Mail:
copyright (c) maningen.blog94.fc2.com All right reserved.